読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいいよアフリカツメガエル

ちょっと変わった、のんびりかえる飼育日記

アフリカツメガエル飼育 準備編

飼育方法

こんにちは。ペクチンです。

今回は飼育準備編です。

 

さあ!アフリカツメガエルを飼おう!

 

となった時に必要なものを紹介します。

今から紹介するものさえあれば、大丈夫ですよ! 

 

 もくじ

 

 1.成体から飼う場合

<用意するもの>

  • プラスチック製の飼育ケース(かぶと虫を買うようなもの)または水槽

   飼育ケースの方が軽くて取り扱いが楽です。

  • カルキ抜き

   飼育水に塩素が残っていると皮がむける原因になるみたいです。小さい個体の場合は必ずカルキを抜きましょう。

  • ブクブクろ過装置

   嫌気性の菌が増えにくくなるので、水質悪化を防げます。

  • 固形飼料(ウーパールーパー、イモリ用)

   えさです。

 

<あると良いもの>

  • カエルの隠れ処になるもの(植木鉢のかけら、塩ビ管など)

   夜行性なので、陰があるほうが落ち着くみたいです。

  • 長めのスポイト

   えさの食べ残しやふんを掃除するときに便利です。

  • 小さいプラケース

   水換えのさいにカエルを一時的に入れます。

 

2.卵・幼生から飼う場合

 <用意するもの>

  • コップサイズの容れ物

   飼育容器として使います。小さくても大丈夫です。

  • カルキ抜き
  • 無農薬ほうれん草

   えさです。

 

<あると良いもの>

  •  すり鉢、すりこぎ

   ほうれん草をすりつぶすのに便利です。

  • スポイト

   掃除に便利です。

  • 500mlのペットボトル

   ろ過装置を入れない場合はこまめに水を変える必要があるので、カルキを抜いた水をペットボトルに入れて常備しておくと便利です。

 

 

これさえあれば、アフリカツメガエル飼育をスタートできますよ!

カエル含めて1,000〜2,000円くらいで揃うので、気軽に始めて、ずっとかわいがってくださいね。

 

次回は水槽編と題して、飼育容器についていろいろ書いていきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

ペクチン 

記事・画像の無断転載禁止 ©2017 ペクチン